家づくり 何からはじめればいいのか?

クラミン
クラミン

家づくりのおおまかな流れはわかったけど

具体的になにからはじめればいいの?

ツクシ
ツクシ

では 具体的に何からはじめればいいかを説明するね

家づくりのおおまかな流れはこちら↓

家づくりの流れ
家づくりの流れの基本を解説 何からはじめればいいかわからない人の為にわかりやすく基本的な事や注意点をまとめてあります 今後詳細や具体的な事を随時更新していきます


家族と話し合い 時期や要望をまとめる


クラミン
クラミン

できる限りお金をかけずに

駅が近くて便利な場所に

日当たりが良くて大きい家

以上!!

ツクシ
ツクシ

ってなるよね もっと具体的に考えないと進まないよ



最初に考える事

  1. いつ家が建つと理想な時期なのか?
  2. 家を建てたいが建てれる状況なのか?
  3. どこに建てるのか?
  4. 必要な部屋を考える
  5. 予算・支払いプランを考える



いつ家が建つと理想な時期なのか?


人によって、家族によって理想な時期は違いますが、例えば


チェックポイント

子供が小学校に入る

子供ができた・増えた

結婚

定年退職し退職金で建てる

社宅から出ないといけなくなる

家が古くなり建て替える

いい土地が見つかった・手に入った


ツクシ
ツクシ

建てるタイミングは人それぞれですが、何かしら理由があって家を建てる人が多いです

クラミン
クラミン

クラミンは宝くじが当たったら建てようかな

ツクシ
ツクシ

宝くじが当たったら家を建てると言う人は、たくさんいますが、いまだに宝くじ当たったから家を建てる人に会った事がありません


圧倒的に多いのは子供が理由の場合です

いずれは持ち家と思う人は多く、どうせいつかは建てるのであれば、子供が転校しないですむようにしたいと考える人が多いです

あとは、アパート暮らしの方で小さい子供がいる場合

近隣トラブルで持ち家が欲しいと考えます

アパートは、子供が騒いだり、飛び跳ねて下の階の方からクレームを言われたり

最近多い2階建てのアパートは、1階が1LDKで子供がいない夫婦もしくは単身者

2階は2LDKで子供がいる家族

子供がいない夫婦や単身者からすると、「お互い様なんで気にしないでいいですよ」とはいかない事が多いです

子供が音を立てる度に下の階から何かで突く音がする話を聞いたことがあります

やっている方は、うるさいですよぉ~って つもりでも

やられる方はかなり精神的にプレッシャーがかかります

子供にずっと静かにして!! なんてわけにもいかないですし・・・


ポイント

まずは、家族で家が欲しいかどうかの確認

いつ家が建つのが理想なのかを話し合いましょう



家を建てたいが建てれる状況なのか?


それこそ宝くじが当たれば話は違いますが、そんな人は滅多にいません

また、全額キャッシュで建てれる人もほとんどいません

ほとんどの方が住宅ローンを組みます

自分は住宅ローンが組めるのか・・・?

奥様は家が建てたいと言うが・・・住宅ローンの審査が通るのか?住宅ローンを組んで最後まで返済できるだろうか?


チェックポイント

勤続年数

自動車ローンなどのその他ローンがある

年収

団体信用生命保険に入れない

過去にローンの延滞等の履歴がある


住宅ローンの事については、別記事でもっと詳しく書いていきます

ただ一つ言える事は、自己判断せずにプロに相談しましょう 何か道があったり、そもそも問題なかったりする場合があります

あと、一つの銀行だけの意見で判断するのはダメです

銀行は自分の銀行の判断基準のみで〇か×かを判断します

銀行では借りれないが、フラット35(住宅金融支援機構)では借りれる場合もあります


クラミン
クラミン

クラミンも借りれるか相談にいこうかなぁ

ツクシ
ツクシ

つっこまないよ

クラゲじゃんって・・・つっこまないからね


他にも転勤族だから

今の仕事を続けていけるか不安だから


いろいろ事情があると思いますが、家は家族でしっかり話し合って考えましょう


とくに今の時期(2020年5月時点)コロナの影響で収入が減ったり、将来に不安を抱えたり、家づくりを考えていたが、当面自粛する人がとてもたくさんいます

当然のことだと思います

ただ・・・みんなが建てない時期に家を建てるのと

コロナの影響が落ち着いて、自粛していた人たちが一気に家を建て始める時期に家を建てるのでは

どちらが安く家を建てられるでしょう?

建築会社やハウスメーカーも仕事が減っている時のお客様は、なにがなんでも契約に持っていきたいと考えると思います

家を建てたい人が多い時期のお客様と比べて、どちらが値引きを多く引き出せるでしょうか?

(あくまで個人的な意見です)

ローンの返済が困ったときの注意点などの記事も今後書いていきます

あと、家づくりを考えているが、ハウスメーカーや建築会社に行くは不要不急な外出にあたると考える人の為にこのサイトで家づくりの情報がお伝えできればと思い書いてます



どこに建てるのか?


クラミン
クラミン

クラミンはね~日当たりが良くて、広くて

ツクシ
ツクシ

海!!


土地を探して家を建てる方でよく聞くエリアの要望は


チェックポイント

特定の小学校区

特定の駅近く

職場に通いやすいところ

地元(実家の近く)


日当たりがいい等の要望は一旦置いといて、まずはエリアを絞っていきましょう

これからずっと住む場所になります

子供の事、奥さんの事、家族みんなが理想のエリアをしっかりと話し合ってきめましょう

ここが、しっかりしていないと、建築会社や不動産屋に土地を探してもらう時

要望があいまいになり、なかなか進まなくなります

いい土地が見つかった時に判断が遅くなります

人気のあるエリアで土地を探している場合 他の人が先に決めてしまう可能性が高くなります


ポイント

家族でどこに住みたいか、通勤や通学等将来の事もふまえて、しっかり考えましょう



必要な部屋を考える


まずは、LDK以外にいくつ部屋が欲しいか家族で話し合いましょう

よくあるのは、夫婦の主寝室 子供部屋2つ

次に1階に和室がいるかどうか

和室は、独立した和室とするかリビングもしくはダイニングに隣接させた和室とするか畳コーナーとするか

将来親の面倒を見る必要があるかどうかで、1階の和室を考える人もいます

さらにできれば欲しい部屋


チェックポイント

玄関の土間収納スペース

パントリー

2階のトイレ

書斎

納戸

ロフト

吹き抜け

室内干しスペース


LDKは何帖欲しいか

バルコニーはどの部屋に欲しいか

あとは、平屋か2階建てか

その他要望事項を家族で話し合ってまとめておきましょう

家づくりが進んでから要望が膨らむと予算に影響いたします

家が建ってからでは、遅いのです

ただ・・・将来子供たちが独立して部屋が余るという話もよく聞きます

将来の想定もしたうえで考える必要があると思います

子供部屋を2つにしたが、完成する時や完成した後に3人目を妊娠

なんて話はよく聞きます


ポイント

必要な部屋は将来の事もしっかり考えて家族でしっかり話し合いましょう


旦那様は、1帖でも一人でこもれる書斎と言う名のオアシスが欲しい事を奥様はどうかご理解ください



予算・支払いプランを考える


家に対する要望はしっかり家族で話し合ったと思います

ただ、総額がいくらになるかは全く見当がついてないと思います

家は建築会社によって大きく違いますし、土地も同様です


クラミン
クラミン

いくらかかるのかわからないのに決められないじゃん

ツクシ
ツクシ

そうだよ!!決めるのではなく考えるんだよ

ツクシ
ツクシ

予算はかかった分支払いますので、家を建ててくださーい

なんてお客様はほとんど見たことがありません


そうは言ってもある程度想定ができるよう 別記事を書いていきます

頭金はいくら出すのか

月々いくらなら払っていけるのか

ボーナス返済をするかしないか

払い終わる頃自分は何歳なのか、その時の収入は?

子供が大きくなって教育費等にお金がかかる時にそれに見合っただけ収入が増えるのか?

しかも家にかかるお金はローン返済だけではありません

固定資産税、家の修繕費、火災保険、地震保険 いろんなお金の事を考えたうえで月々の支払を考えなければなりません

ただ・・・家は安ければいいってものでもありません

断熱性能が悪く、光熱費がかかる家

補修にお金がかかる家

理想の家づくりとは、無理のない予算でいかにいい家を建てるかどうかだと思います

予算やいい家の価値観は人それぞれですが

少しでもお得に

少しでもいい家に

と思っているのは共通です!!


ツクシ
ツクシ

そんな家づくりを考えている人の助けになればと思い書いていきます

クラミン
クラミン

立派なこと言ったが・・・まだ2記事目だよねw


ポイント

最後まで支払いきる事ができるよう無理の無い支払計画を立てましょう

安ければいいという事はありません 一生で一番の大きな買い物です

クラミン
クラミン

次はどうしたらいいの?

ツクシ
ツクシ

次はこちら↓

家づくりのおおまかな金額を知る方法
家づくりはじめたばかりで要望はまとまったけど、そのあとどうすればいい?家づくりって一体いくらかかるの? そんな疑問にお答えします 家づくりのおおまかな金額を知る為にどうすればいいかを解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました