注文住宅の見積り【ハウスメーカー・工務店】を比較する方法

クラミン
クラミン

家の見積もりって見方がわかんないよぉ~。

しかも会社毎に全然違うし・・・。

ツクシ
ツクシ

家の見積もりって本当に比較が難しいです。

建築会社・ハウスメーカーの見積書や資金計画書の比較の仕方を解説いたします。

建築会社・ハウスメーカーの見積書や資金計画書の比較の仕方
  1. 見積書と資金計画書の違いと見方
  2. 見積書、資金計画書を比較する時の重要ポイント
  3. 家づくりの見積もりを上手に取る方法
  4. まとめ

見積書と資金計画書の違いと見方

クラミン
クラミン

見積書と資金計画書って何が違うの?

ツクシ
ツクシ

見積書は、家の見積書。

資金計画書は、家づくりにかかる費用をまとめた計画書だよ。

ハウスメーカーや建築会社で見積もりを依頼しても、はじめは家の見積書を出さないところもあると思います。

家の見積もりと言っても、だいたい坪単価で金額を出すところが多いからです。

ただ、資金計画書は、どこも出してくれると思います。

資金計画書が無いと、ここの会社で建てれるのか全くわかりません。

クラミン
クラミン

なんでわからないの?

ツクシ
ツクシ

ローンがいくらでも借りれる訳ではないからだよ。

収入や他の借入の状況によって、住宅ローンの借り入れ限度額が違うんだよ。

資金計画書は、家づくりの総予算を決める為の資料です。

クラミン
クラミン

え?

土地代+家の金額+外構費用+引っ越し費用

くらいじゃないの?

ツクシ
ツクシ

と思う人がほとんどです。

家づくりは思った以上にお金がかかります。

では、土地費用と家の金額以外に何が必要か解説します。

土地を購入する場合土地代金以外に必要なお金

不動産仲介手数料

土地代金の3%+6万円に消費税

ただし400万円以下の場合は変わってきます。これは一般的な目安です。

不動産取得税

固定資産税評価額×4%(軽減等有り)

また、不動産取得税は、取得後半年~1年後くらいに各都道府県から納税通知書が届き、支払います。

土地代金をローンで借りる場合

ローン手数料が必要になります。

契約書の印紙代

クラミン
クラミン

え?

土地だけでそんなに出てくるの?

ツクシ
ツクシ

そうだよ!!

これは、まだ土地に関する諸費用だけだからね。

ただ・・・土地も平らで家を建てるだけの状態になっていればいいけど・・・。

土地によっては、農地転用費用や測量費などがかかる場合があります。

あとは、土地が道路と高低差があったりすると造成費用が必要になります。

敷地に上水道や下水道の引込が無い場合は、引込費用が必要になります。

また、引込みの工事代金とは別に市に支払う上水道負担金や下水道分担金などがあります。

既に納付済みの場合もあるので、こういった費用も含めて土地の金額は比較する必要があります

さらっと書きましたが、今のは超重要ポイントです。

土地に関して言えば、登記費用も必要です。

土地の所有権を移す場合とローンを借りる場合は、土地を担保とする為、抵当権の設定費用がかかります。

建物も建築会社・ハウスメーカーと契約する時には、契約書の印紙代

ローンの手数料や保証料が必要になります。

この保証料や手数料は、ローンの借入額や金融機関によって異なりますが、そこそこの金額になるので、必ずチェックしましょう。

あとは、火災保険料と地震保険料、地盤調査費用も必要になってきます。

建物関連では、地盤改良工事費用、外構費用、カーテン、照明器具、家具、家電、冷暖房費用などが必要になります。

クラミン
クラミン

項目が多すぎてわからない・・・。

もうどうしていいかわからないよぉ・・・。

ツクシ
ツクシ

そう、一般の人では、全てを把握してチェックするなんてなかなかできません。

だから、それをまとめた資金計画書を作って貰う必要があります。

ツクシ
ツクシ

よく、ハウスメーカーや建築会社に行って

坪単価だけを聞いてまわる人がいます。

全く意味がありません。

坪単価だけでは、家づくりの費用はわかりません。

クラミン
クラミン

坪単価って?

ツクシ
ツクシ

家の見積もりを家の坪数で割った金額だよ。

クラミン
クラミン

でも、家の見積もり以外の部分はどこも一緒じゃないの?

ツクシ
ツクシ

建物の工事費と附帯工事費と諸経費の割り振りって会社によって違うんだよ。

A社では、造成工事費を100万円で予算を組んであるけど、B社では、200万円で予算を組んでいたり。

クラミン
クラミン

なるほどぉ。

家の見積書 (家の金額) だけで比較はできないのか・・・

ツクシ
ツクシ

土地によって金額も変わるから、資金計画書で総額を算出してもらって比較しないといけません。

見積書、資金計画書を比較する時の重要ポイント

見積書と資金計画書については、先ほど説明いたしましたが、建築会社・ハウスメーカーによって項目や割り振りが違います。

総額だけで比較すれば良いかと言うとそういう訳にもいきません。

もしかすると見落とし項目があったりもします。

見落としがあったからと言って、会社が全て持ちます。なんて気前のいい会社ばかりでもありません。

だから、複数の会社で見積もりと資金計画書を取る必要があります。

そして、比較しやすくする為のポイント

できるだけ同じ条件で比較すること

仕様や設備については、各会社で違ってくるのは仕方ありませんが、2階にトイレを付けた会社と付けていない会社で金額を比較しても、判断できません。

間取りの大きさ、必要な設備、を統一して見積もりを取りましょう。

比較する重要ポイントですが、資金計画に必要なものを全て入れてくれる会社もあれば、別途金額として、含めない会社もあると思います。

この別途金額部分をしっかり探しましょう。

また、複数見積もりを取って、金額が極端に違う項目をチェックしておきましょう。

家づくりの見積もりを上手に取る方法

クラミン
クラミン

複数の会社で見積もりを取ると言っても、いろんな会社に行って、同じ内容を伝えてまわるの?

ツクシ
ツクシ

それもなかなか大変だよね。

まずは、要望内容をしっかりまとめるのが重要。

それから、各会社に見積もりを依頼する。

なかなかいくつもまわるのは、大変って人にはこちら↓

タウンライフで一括見積り

要望の家を建てる家づくり計画書を作成してくれます。

ポイント

一括と言っても希望のエリアでタウンライフが提案する建築会社やハウスメーカーの中から自分で選んで土地探しと資金計画を無料で作成してくれます

ツクシ
ツクシ

家づくり計画書を作ってもらえるだけでなく、毎月先着99名様に

成功する家づくり7つの法則の小冊子がもらえちゃいます。

クラミン
クラミン

うわぁ・・・ すごい気になる!!

7つの法則って・・・

知りたい( ノД`)シクシク…

タウンライフの上手な見積り依頼の仕方・注意点はこちら↓

タウンライフで上手に一括見積依頼のトリセツ
タウンライフで注文住宅の一括見積依頼の注意点や依頼方法を細かく解説。 土地探し、間取り作成、資金計画作成、依頼の仕方で上手に比較できます。

まとめ

ツクシ
ツクシ

家の見積書と資金計画書について解説いたしましたが、重要なのは

しっかりと比較することです。

そして比較するにも、条件が違えば比較しにくくなるという事です。

ツクシ
ツクシ

そうは言っても、各会社セールスポイントが違うので、なかなか同じ条件とはいきませんが、せめて家の大きさと設備と土地くらいは、同じ条件で比較するといいと思います。

土地については、同じ条件にできない場合は、外構計画までしっかりと計画してくださいと依頼しましょう。

こちらも参考に↓

建築会社選びのトリセツ
建築会社選びの基本を解説 建築会社選び、何からはじめればいいかわからない人の為にわかりやすく基本的な事や注意点をまとめてあります

コメント

タイトルとURLをコピーしました